ほくろを除去する

アイドルを目指す

気になるほくろを、レーザーで取り除きたいという方も、多いのではないでしょうか。 顔の目立つ部分にできたほくろや、数の多いほくろはコンプレックスに、感じてしまいがちです。 現在、美容皮膚科などの医療機関では、レーザーでのほくろ除去が、ポピュラーに行われています。 皮膚を一切切る事なく、ほくろ除去できるという事もあり、ほくろ除去を皮膚科で受ける方は増えているようです。 ただ、レーザーでのほくろ除去の場合、悪性のほくろのがん「メラノーマ」だった場合、がんが転移してしまいかねません。 ですのでレーザーで治療を受ける際は、ほくろがメラノーマではないか、医師にしっかり相談し、カウンセリングを受ける事が、大切となっています。

皮膚科や美容外科では、ほくろ除去の治療がポピュラーに行われています。 治療法には炭酸ガスレーザーを使う、「レーザー治療」・メスを使う「切開縫合法」・特殊な器具を使う「くりぬき法」・ほくろを凍らせる「凍結治療」など様々な種類があります。 どの治療を受けるかは、ほくろの大きさなどにより変わるので、皮膚科医としっかり相談して決めましょう。 ほくろを取り除いた後は、きちんと術後のケアを行う事が大切です。 ケアを怠ってしまうと、シミになってしまったり、治りが遅くなってしまいます。 まず、紫外線対策はきちんと、行いましょう。 多くのクリニックでは、施術後に紫外線を通さないテープを、治療した部分に貼ります。 その後は日焼け止めで、治療した部分が紫外線に当たらないよう、ケアする事が大切です。